Google広告の種類

目次

Google広告の種類と特徴

Google広告(旧Google AdWords)のキャンペーンタイプは次の5つの種類があります。

  1. 検索キャンペーン(検索広告)
  2. ディスプレイキャンペーン(ディスプレイ広告)
  3. ショッピングキャンペーン(ショッピング広告)
  4. 動画キャンペーン(動画広告)
  5. アプリキャンペーン(アプリ広告)

検索キャンペーン(検索広告)

テキスト広告、キーワード広告、検索連動型広告、リスティング広告などと呼ばれています。
Google検索結果ページの上下に掲載されます。

ディスプレイキャンペーン(ディスプレイ広告)

GDN(Google Display Network)広告、バナー広告などと呼ばれています。
Googleと提携する200万以上のウェブサイト、アプリ等に掲載されます。

ショッピングキャンペーン(ショッピング広告)

画像、商品名、価格などが表示された広告です。
Google検索結果ページやGoogleディスプレイネットワーク、パートナーサイトに掲載されます。

動画キャンペーン(動画広告)

YouTubeやGoogle動画パートナー上のウェブサイトやアプリに掲載されます。

アプリキャンペーン(アプリ広告)

アプリを宣伝する際に使用する広告です。
Googleの関連サイト全体に掲載されます。

広告の目的と掲載先

どのキャンペーンタイプが最適かわからない場合は、広告の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

目標別にキャンペーンタイプを選ぶ

またGoogle広告ではキャンペーン作成の際に次の「目標」を選ぶことができます。

  • 販売促進
  • 見込み顧客の獲得
  • ウェブサイトのトラフィック
  • 商品とブランドの検討
  • ブランド認知度とリーチ
  • アプリのプロモーション

広告の目標が商品の売上アップなら「販売促進」、商品やサービスの認知度を高めることなら「ブランド認知度とリーチ」となります。
また目標によって最適なキャンペーンタイプが異なるため、広告によって達成したいビジネスの目標に合わせたキャンペーンタイプを選ぶことが成功のポイントです。

参考)目標に応じたキャンペーンタイプの選択
https://support.google.com/google-ads/answer/7450050?hl=ja


この記事を書いた人
Yamato
Yamato
Scroll to Top