Yahoo!広告の種類

目次

Yahoo!広告の種類と特徴

Yahoo!広告(旧Yahoo!プロモーション広告)のキャンペーンタイプは次の2つの種類があります。

  1. 検索広告(テキスト広告)
  2. ディスプレイ広告(画像・動画広告)

検索広告(テキスト広告)

テキスト広告、キーワード広告、検索連動型広告、リスティング広告などと呼ばれています。
Yahoo!検索結果ページの上下に掲載されます。

Yahoo!検索広告の拡大テキスト広告のフォーマットが変わりました。Googleと同様にタイトル(見出し)は3つまで、説明文は文字数が増加して2つまで入稿可能になりました。

変更前)タイトル1、タイトル2、説明文(半角80文字)
変更後)タイトル1、タイトル2、タイトル3、説明文1、説明文2(半角90文字)

※タイトルは3つ入稿しても画面の幅やユーザーの検索状況など様々な要因によって省略表示(「…」に置き換え)される場合があります。

ディスプレイ広告(画像・動画広告)

ディスプレイ広告のこと。旧YDNを継承するディスプレイ広告。(※YDNは2021年春終了)、バナー広告と呼ぶ場合もあります。
Yahoo! JAPANのサイト内やその他大手の提携サイトを閲覧しているインターネットユーザーに表示されます。

またディスプレイ広告の中には動画広告も含まれます。

Yahoo! JAPANトップページのファーストビューや「Yahoo!ニュース」などYahoo! JAPANが提供する一部のサービスページ(タイムライン)に動画広告を掲載できます。

広告の掲載先

掲載先はYahoo! JAPANのサービスのサイト内やその他の提携サイトのコンテンツページなどとなっています。※下記は提携パートナーサイトの一例です。

目的別にキャンペーンタイプを選ぶ

Yahoo!広告では目的に応じて最適なキャンペーンタイプが異なるため、広告によって達成したいビジネスの目標に合わせたキャンペーンタイプを選ぶことが成功のポイントです。


この記事を書いた人
Yamato
Yamato
Scroll to Top