analytics:この商品が、どのキーワード経由で売れたかを調べる。 | 株式会社ISSUN(イッスン)

analytics:この商品が、どのキーワード経由で売れたかを調べる。

目次

google analytics で、この商品はどのキーワード経由で売れたのだろう、などカスタムフィールドでは追求できないケースがあります。そのような場合は、googleが公開しているquery explorer 2 が便利です。

 

以下のサイトにSSLでアクセスして、自分のanalyticsアカウントを結合するだけ。

https://ga-dev-tools.appspot.com/explorer/

 

ここで、このツールが信頼できるのか心配になる方もいるでしょう。

というのも、”appspot.com”ドメインのwhois自体は、google下で管理されていますが

サブドメインは任意のユーザが自由に名前をつけて公開ができるから、公式なものかどうかがわかりません。

画面上にも”query explorer”が、公式ツールである旨はうたわれていないからです。

 

個人的には、公式アナリティクスのブログで紹介されたツールなので

公式ツールとして信頼して使っています。

http://analytics.blogspot.jp/2009/08/api-sometimes-you-just-gotta-explore.html

 


この記事を書いた人
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
一般社団法人 日本イーコマース学会 専務理事 。株式会社 ISSUN 代表取締役 。元ライザップ取締役。小さな学校前のパン屋さんから独自に開発した商品で楽天12部門で全1位受賞後、3年で年商20億円企業に成長し上場(現ライザップ)。保有株を売却し「小よく”巨”を制す」を掲げ、株式会社ISSUN(イッスン)を設立。WEBコンサルタントで業界No.1クライアント多数。社名ISSUN(イッスン)の由来は、体尺寸の「一寸」の2つの意味から。1つはデジタルを駆使しつつも、ヒトの温もりや感覚を大切にすること。1つは、小さな組織で大きな夢を創り上げる「ワンインチ・パンチ(一寸拳)」から。※代表取締役は武道家
Scroll to Top