いよいよAdobeがCS開発を打ち切り、月額五千円クラウド(?)化へ。FW終了。 | 株式会社ISSUN(イッスン)

いよいよAdobeがCS開発を打ち切り、月額五千円クラウド(?)化へ。FW終了。

目次

いよいよAdobeがCS開発を打ち切り、全アプリコミコミの月額五千円クラウド(?)コースのみへ。

2013 05 08 09 50 16

ソース:http://www.gizmodo.jp/2013/05/creative_suitecs.html

予告通りではありますが、これで、Adobe製品使う制作会社は、スタッフ1人あたり月五千円売り上げればトントンではあるけれど、動画編集などCSマスターコレクションレベルの仕事までこなせないと割高になる計算です。特に同時に2台使用する場合は2ライセンス必要だし、個人だと悩ましいですね…

内輪的には、macromedia時代からdreamweaverと連携してきた、Fireworks が開発終了というのが目下の話題です。長年使い慣れたスピード制作のフローを、photoshopとIllustratorでどう置き換えるかが課題になりそうです。

adobeCreativeCloudサイト:http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud.html


この記事を書いた人
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
一般社団法人 日本イーコマース学会 専務理事 。株式会社 ISSUN 代表取締役 。元ライザップ取締役。小さな学校前のパン屋さんから独自に開発した商品で楽天12部門で全1位受賞後、3年で年商20億円企業に成長し上場(現ライザップ)。保有株を売却し「小よく”巨”を制す」を掲げ、株式会社ISSUN(イッスン)を設立。WEBコンサルタントで業界No.1クライアント多数。社名ISSUN(イッスン)の由来は、体尺寸の「一寸」の2つの意味から。1つはデジタルを駆使しつつも、ヒトの温もりや感覚を大切にすること。1つは、小さな組織で大きな夢を創り上げる「ワンインチ・パンチ(一寸拳)」から。※代表取締役は武道家
Scroll to Top