twitterのgoogleAnalytics利用状況

目次

twitterのgoogleAnalytics使用

twitterの各アカウントのプロフィールページ

 

例えば、

http://twitter.com/webmarketingA

 

等のページをみると
そのままでも、 /webmarketingA などとanalytics上に表示されるはずなのに

pageTracker._trackPageview('/profile/webmarketingA');

という識別子が振られていて、カスタムフィルターなどで
プロフィールページのアクセスについて、何らかの計測をしていると思われます。

一方では、
http://twitter.com/
には、

pageTracker._trackPageview('/home');

としか記載されておらず、ID毎の分析はされていないようす。

 

titleは

<title id="page_title">Twitter / ホーム</title>

 

var pageTracker = _gat._getTracker("UA-30775-6");      pageTracker._setDomainName("twitter.com");            pageTracker._setVar('Logged In');            pageTracker._setVar('lang: ja');            pageTracker._initData();

と、プロフィール毎に明示的に計測されている形跡がありました。
でも、google analyticsの月間のセッション制限超えてないのかな・・・。

 

気になったこと。
twitterのgoogleAnalytics使用
google analyticsの月間のセッション制限超えてないのかな・・・。


この記事を書いた人
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
1992年から営業畑のかたわら、独学で顧客満足向上システムを開発。営業実績を3倍に伸ばし1997年に売却。その後、WEBコンサルタントとしてEC数社を支援し、楽天12部門で1位など獲得(2社は上場)。代表事例には、学校前のパン屋を拠点としたダイエット通販の開発・EC支援で、3年でマイナスから年商20億円に成長させた(現ライザップ)がある。同社株式上場と同時に保有株を売却し、海外視察の後、2011年「小よく"巨"を制す」を掲げ、株式会社ISSUN立上げ。業界No.1に成長するクライアントを多数抱える。JASEC 日本イーコマース学会理事なども務める。
Scroll to Top