Google Chrome では 〜 が見つかりませんでした を解決する。

Google Chrome では 〜 が見つかりませんでした

目次

最近、GoogleChromeを使っていると、なぜか突然、

「Google Chrome では xxxxxx.com が見つかりませんでした」

と、検索結果やリンクなど目的のサイト・ページが表示されない、つまり、アクセスできない現象に見舞われました。

リロードしても解決しなかったのですが、「ネットワーク動作を予測してページの表示速度を向上させる」で解決しましたのでキャプチャでMEMOしました。

2012年頃までは「「DNSプリフェッチ」をOFFにすること」が回避方法でした。 詳細

エラー画面

Google Chrome では 〜 が見つかりませんでした
Google Chrome では 〜 が見つかりませんでした

回避方法

google chrome の 画面右の設定アイコンから、「設定」を選択

2013-05-26_16-16-58

設定画面の一番下の詳細を表示 をクリック

2013-05-26_16-18-34

詳細設定画面の、「ネットワーク動作を予測してページの表示速度を向上させる」にチェックを入れて完了です。

2013-05-26_16-18-54 

以上で完了です。

googleさんも、このレベルの精度ならデフォルトでチェックつけておいたほうが良いと思うのですが・・・。

 

# 以下のtipsとは別に、ASUS Eee PC  などでは
i-フィルタをアンインストールしたら治ったというご報告もありました。

<2012年頃までの回避方法:DNSプリフェッチをOFFにする手順>

↓単純に検索結果をクリックしてみます

2010-12-15_0015

↓「Google Chrome では www.nytimes.com が見つかりませんでした」とリンク先が表示されません。

2010-12-15_00152

GoogleChromeの、
オプション(Mac では 環境設定) >高度な設定
で、「DNSプリフェッチを利用して表示速度を早くする」のチェックをはずすことで
で解決しました。

2010-12-14_23393

で、このDNSプリフェッチ、Googleによると、

DNS プリフェッチ
DNS プリフェッチはドメイン ネーム システム プリフェッチの略称です。Google Chrome では、ウェブページにアクセスするとウェブページ上にあるすべてのリンクの IP アドレスを確認してプリフェッチします。ブラウザではウェブページの読み込みに IP アドレスを使用するため、この情報を事前に取得することで、ウェブページ上のリンクの読み込み時間が短縮されます。

とのこと。google Chrome プライバシー設定の概要  

高速化させるためのデフォルト機能が災いしていたとは・・・。

ちなみにsafariでもこの現象は発生するらしく、SafariのDNSプリフェッチを無効にする が参考になりました。

satomi

 

 


この記事を書いた人
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
1992年から営業畑のかたわら、独学で顧客満足向上システムを開発。営業実績を3倍に伸ばし1997年に売却。その後、WEBコンサルタントとしてEC数社を支援し、楽天12部門で1位など獲得(2社は上場)。代表事例には、学校前のパン屋を拠点としたダイエット通販の開発・EC支援で、3年でマイナスから年商20億円に成長させた(現ライザップ)がある。同社株式上場と同時に保有株を売却し、海外視察の後、2011年「小よく"巨"を制す」を掲げ、株式会社ISSUN立上げ。業界No.1に成長するクライアントを多数抱える。JASEC 日本イーコマース学会理事なども務める。
Scroll to Top