初心者のためのtwitterマーケティング入門

twitter マーケティング

目次

初心者のためのtwitterマーケティング入門(企業向け)

出典:5 Steps to Twitter Success – Twitter Optimization Series Overview

【ステップ1】 twitterキャンペーンをはじめる前に。

  1. アイコン(アバター)画像は、できれば、「あなた自身の顔」の写真がよいです。
  2. あなたのブランドが有名なら、そのロゴを使いましょう。そうでないなら1に準拠。
  3. 必ずプロフィールには、あなたのホームページ(SNS以外)をリンクさせましょう。
  4. 実在するスタッフが語りましょう。
  5. 自分のフォロー人数が、フォロワーより多くならないようにしましょう。
  6.  自己満足的なプロフィールや、大言壮語はやめましょう。
  7. その国の母国語で投稿しましょう。
  8. 少なくとも50人のフォロワーを揃えてからキャンペーンしましょう
  9. 少なくとも、一日一言は投稿しましょう。
  10. アイコンで、過度にセクシーな若い女性を装ってはいけません。

【ステップ2】 フォロワーの維持

  1. ビジネス用途ならプライベートを語りすぎないように
  2. ダイレクトメッセージを、DM的につかわないように。
  3. 適切なタイミングで自分の投稿にリンクした発言を。
  4. @ を使いましょう。自分が扱われたなら特に。
  5. 多弁は無用です。適切な情報発信を。
  6. 自動投稿ツール、まだ使いますか?
  7. 二兎を追う者は一兔をも得ず。twitterへの発言はtwitterから。
  8. 有用と思われたら、RTしましょう。
  9. 適切な距離感をもった言葉遣いを心がけましょう。
  10. 多弁は禁物、発言は140文字以内です。やるならメールで。

【ステップ3】フォロワーからリアクションをもらいましょう

  1. シンプルかつダイレクトな疑問を呈してみましょう。
  2. 似通ったニュースをかみ砕いてみんなに伝えましょう。
  3. ホームページとブログに「Twitterやってます」とアピールしましょう。
  4. 自分宛の@と、有名twitterに@やRTしましょう。
  5. お役にたてるRTをしましょう。
  6. twitterでは語りきれないから、ブログを作りましょう。
  7. 実るほど、頭をたれる稲穂かな。否定的な意見に耳を傾けられる人格を持とう。
  8. blog上に、twitterとの親和性の高いツールを。tweetmemeとか。
  9. ロボットと人の区別はすぐにつきますよ。
  10. 奉仕の精神を。自分が得た情報にすがりついて稼ごうという文化は未来が無い。

【ステップ4】ツールを使おう(自動増殖ツールとかではなく)

  1. hootSuiteとかtweetdeckとか便利なツールの使い方を勉強しよう。
  2. tweetmemeとか、google analyticsとか。設置してますよね。
  3. twitter文化の流行に敏感に。http://tweetmeme.com/ とか http://tweetbuzz.jp/ を見ましょう。
  4. worepressを使っているなら、http://wordpress.org/extend/plugins/tweetable/ を使おう。
  5. bit.lyとかを使って動向を解析しよう。

 

【ステップ5】さあ!もう完璧だ、twitterで、儲けよう!

・・・その考え方を、まず改めましょう。

以上です。

by http://www.seoptimise.com/blog/2009/01/5-steps-to-twitter-success-twitter-optimization-series-overview.html

しかし、まだまだ続きます。twitterを換金する話など。 誤訳あれば教えて下さいね。

 

by twitter  webmarketingA  from SUGINAMI.

この記事を書いた人
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
1992年から営業畑のかたわら、独学で顧客満足向上システムを開発。営業実績を3倍に伸ばし1997年に売却。その後、WEBコンサルタントとしてEC数社を支援し、楽天12部門で1位など獲得(2社は上場)。代表事例には、学校前のパン屋を拠点としたダイエット通販の開発・EC支援で、3年でマイナスから年商20億円に成長させた(現ライザップ)がある。同社株式上場と同時に保有株を売却し、海外視察の後、2011年「小よく"巨"を制す」を掲げ、株式会社ISSUN立上げ。業界No.1に成長するクライアントを多数抱える。JASEC 日本イーコマース学会理事なども務める。
Scroll to Top