Q.Picasaで.psd(photo shop)ファイルを開いてみたい。 | 株式会社ISSUN(イッスン)

Q.Picasaで.psd(photo shop)ファイルを開いてみたい。

目次


某氏からメール。”Picasaでphotoshopのpsdファイルが見れない。”
とのこと。photoshopはCS3。

うーん、Bridgeとかで見たほうがいいよ?と説明するも”ぜひPicasaでみたい”、とのこと。

Picasa↓ はgoogleが買収した画像閲覧・簡単な補正もできる無料ソフト。webアルバムにも保存>共有できるのでgoogleチック。で、個人的には、 iphoneの写真をパソコンに取り込んで、あとはitunesでiphoneと同期ということで必需品。しかし、psdファイルは除外だなぁ・・・。で も、見たいと言うからには何とかしてあげたい。

picasa

picasaError→picasa上のエラー画面。

This layered Photoshop file was not saved with a composite image (この Photoshop ファイルにはレイヤーが含まれていますが、合成画像が保存されていません)

なるほど、これなら答えは簡単ですね。↓

PSD ファイルの互換性を優先

photoShop(CS3)の編集>環境設定>ファイル管理 で、PSD および PSBファイルの互換性を優先を、保存時に確認、か、常に でOK.ただし、ムダにファイルサイズが大きくなるので、ケースバイケースで選択できる、保存時に確認 がお薦めです。

あとはエラーの出ているPicasa側で、右クリック>サムネイルの更新 してあげればOK。

でも、photoshop関連ならBridgeで管理が本当にお薦め。Adobe Version Cueも併用でね。


この記事を書いた人
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
一般社団法人 日本イーコマース学会 専務理事 。株式会社 ISSUN 代表取締役 。元ライザップ取締役。小さな学校前のパン屋さんから独自に開発した商品で楽天12部門で全1位受賞後、3年で年商20億円企業に成長し上場(現ライザップ)。保有株を売却し「小よく”巨”を制す」を掲げ、株式会社ISSUN(イッスン)を設立。WEBコンサルタントで業界No.1クライアント多数。社名ISSUN(イッスン)の由来は、体尺寸の「一寸」の2つの意味から。1つはデジタルを駆使しつつも、ヒトの温もりや感覚を大切にすること。1つは、小さな組織で大きな夢を創り上げる「ワンインチ・パンチ(一寸拳)」から。※代表取締役は武道家
Scroll to Top