梅田望夫さん最新作の冒頭企画「増える往復書簡」がとても素晴らしかったので、夏のiPad読書感想文を書きました。

目次

あの「ウェブ進化論」の梅田望夫さんの最新作、iPhone,iPadで読める「iPadがやってきたから、もう一度ウェブの話をしよう」の冒頭企画「増える往復書簡」がすばらしかったので、夏の読書感想文を。

Mzl


冒頭企画、「増える往復書簡」は、伝説のプログラマー、中島聡氏と梅田氏のメールでのやりとりで構成されています。

が、この往復書簡のやりとり、
きわめて絶妙!クレバーで冷静沈着な議論が淡々と続き、
メールのやりとりだけで、ここまで読者を引きつけられるのかと感動します。

電話が少なく、メールでの折衝交渉業務がほとんどの私としては、問題解決・発展的議論をメールで行うお手本として、大変勉強にもなりました。

また、中島氏の、マイクロソフトのWin95,98,IE3,4などの開発メンバーでもあり、かつ、アップルのiPadアプリの開発にも造詣が深くいらっしゃるという、 広範囲な開発のご経験上から生まれる洞察と

梅田氏のビジネスセンスのコラボレーションは、他では語られることのないアップル成功の鍵の真相や、今後のIT業界の構成図の予想までを深く知ることができ、とても興味深かったです。

一方、これは面白いアプリワザだな、と感じたのが、
本書公開後も2010/9/18までの一ヶ月間、継続してメールのやりとりをリアルタイムにweb上に公開する、という企画。

公開先のURLは、PCやiPad,iPhoneのブラウザからは閲覧できず、リダイレクトされていますので、このアプリからだけの閲覧=購入者だけが閲覧できるスペシャルコンテンツ、という限定プレミアム感は参考になりました。

本文中のURLがクリック出来なかったのですが、実はこのあたりと関係していたのでしょうか。

内容も、今なにかと話題の「Chrom OS タブレット」に関する、非常に明快な洞察でつづられていて、iPhone,iPadユーザは必見かと思います。

肝心の本編にはまだ追いついていないのですが、冒頭の「増える往復書簡」だけでも、かなりの衝撃でしたのでまずはレポートいたしました。

週末までには読了したいと思います。

webmarketingA -satomi-

この記事を書いた人
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
1992年から営業畑のかたわら、独学で顧客満足向上システムを開発。営業実績を3倍に伸ばし1997年に売却。その後、WEBコンサルタントとしてEC数社を支援し、楽天12部門で1位など獲得(2社は上場)。代表事例には、学校前のパン屋を拠点としたダイエット通販の開発・EC支援で、3年でマイナスから年商20億円に成長させた(現ライザップ)がある。同社株式上場と同時に保有株を売却し、海外視察の後、2011年「小よく"巨"を制す」を掲げ、株式会社ISSUN立上げ。業界No.1に成長するクライアントを多数抱える。JASEC 日本イーコマース学会理事なども務める。
Scroll to Top