EU向けオンラインコマース・マーケティング部門のセミナーを担当させていただき3年目となりました | 株式会社ISSUN(イッスン)

EU向けオンラインコマース・マーケティング部門のセミナーを担当させていただき3年目となりました

目次

今年で3年目となるも、相変わらずの拙い英語で、EU向けオンラインコマース・マーケティング部門のセミナー(Get Ready For Japan )を、JASEC 日本イーコマース学会 専務理事として担当させて頂きました。
Get Ready For Japan は、経済産業省と欧州委員会(EC)によって設立された「一般財団法人日欧産業協力センター」が主催されるEUの企業家/企業エグゼクティブを対象とした、毎年2週間にわたり実施される研修事業です。EUと一言で言っても、ご参加くださっている皆さんのエリアはイタリア、フランス、ポルトガル、アイルランド、リトアニア、など様々で広範囲!でも、英語でOKなのですが、日常は日本語で生活している私なのでできるだけシンプルな英語を心がけるも、直前はシャドーボクシングならぬシャドースピーキングで日々トレーニングしてから臨んでます。

今年は3回目ではありますが毎年新しいネタを仕込むので結構準備には追われます、今年は、TikTokなどのショート動画系ですね・・・で、毎年日本と違うな〜と感じるのは、セミナー後にビジネスSNSとして成長したLinkedin (リンクトイン)からの申請と相談が多くなること。日本でいえば名刺管理SNS「Eight」の国際版のような感じですが、ダイレクトにビジネスのメッセージが飛んできます。今年も、YahooJapanを閲覧しようとしたけどロックがかかってる、EUからはサービスが閲覧できないようだけどどうして?どうする?などのご質問をいただき、対処法などをやりとりさせていただいております。でも、まだヨーロッパには足を踏み入れたことがないので、行ってみたいです!


この記事を書いた人
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
一般社団法人 日本イーコマース学会 専務理事 。株式会社 ISSUN 代表取締役 。元ライザップ取締役。小さな学校前のパン屋さんから独自に開発した商品で楽天12部門で全1位受賞後、3年で年商20億円企業に成長し上場(現ライザップ)。保有株を売却し「小よく”巨”を制す」を掲げ、株式会社ISSUN(イッスン)を設立。WEBコンサルタントで業界No.1クライアント多数。社名ISSUN(イッスン)の由来は、体尺寸の「一寸」の2つの意味から。1つはデジタルを駆使しつつも、ヒトの温もりや感覚を大切にすること。1つは、小さな組織で大きな夢を創り上げる「ワンインチ・パンチ(一寸拳)」から。※代表取締役は武道家
Scroll to Top