2009、うるう秒調整して、あけましておめでとうございます。

目次

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

windows7

WindowsXP販売終了、Windows7リリース↑、とWindows周辺が割と騒々しくなりそうな2009年ですが、まず手始めは、お使いのパソコンの「うるう秒」の調整です。

今年はいつもより1秒多い、うるう秒のある年。パソコンの時刻が1秒でも狂っていると致命的な事故も発生するケースがあるので、ここは先手を打っておくのが吉です。

というわけで、やりかた。

NTTの時報サービス「117」に2009/01/01 9:00am以降、電話して時刻をあわせる、
という方法をとらなくても、インターネットにつながっているWindowsXPやvistaなら、週に1度、自動的に時刻あわせを行っています。

が、しかし、この時刻あわせ先のNTP(Network Time Protocol)サーバ、割とプアで、エラーを返す時があります。エラーを返された週は当然、そのパソコンの時刻は調整されることなく次週の時刻あわせまで持ち込まれます。

そこで手動で自動設定。

↓まず、WindowsXPのタスクバー、画面右下の時刻あたりを右クリック
そして、日付と時刻の調整をクリック。

じこくあわせ

↓で、この画面に来たら、タイムゾーンのタブをクリック。

時刻あわせ1

↓タイムゾーンを日本に必ずあわせておきます。

時刻あわせ2

↓今すぐ更新、をクリックで、同期しました。と出ればOKです。

時刻あわせ

「同期にエラー」が出たら、再度チャレンジしてください。

ちなみに、NTTの「117」の時報はどうやって「うるう秒」を調整してしているかというと、2009年1月1日の午前8時58分20秒から午前9時までの100秒間、各1秒を100分の1秒長く設定されるそうです。http://www.ntt-east.co.jp/release/0812/081215a.html

さ、時刻もピッタリあったところで、今年のプランをしっかりと計画いたしましょう!

本年もどうかよろしくお願い致します。


この記事を書いた人
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
1992年から営業畑のかたわら、独学で顧客満足向上システムを開発。営業実績を3倍に伸ばし1997年に売却。その後、WEBコンサルタントとしてEC数社を支援し、楽天12部門で1位など獲得(2社は上場)。代表事例には、学校前のパン屋を拠点としたダイエット通販の開発・EC支援で、3年でマイナスから年商20億円に成長させた(現ライザップ)がある。同社株式上場と同時に保有株を売却し、海外視察の後、2011年「小よく"巨"を制す」を掲げ、株式会社ISSUN立上げ。業界No.1に成長するクライアントを多数抱える。JASEC 日本イーコマース学会理事なども務める。
Scroll to Top