世界の逸品素材を、京職人が仕立てた印象 | 株式会社ISSUN(イッスン)

世界の逸品素材を、京職人が仕立てた印象

目次

INHALE EXHALE スーツ写真

サイトリニューアル、おめでとうございます。「仲間ブログ」のトップバッターと言うことで光栄です。

INHALE EXHALE 』では、春・秋2着ずつくらいのペースでスーツを作らせて頂いていて、いつも気に入って着させて頂いています。

最 初に出会った時は、「京都のスーツ?」と、なんだか不思議な感じがしていました。自分自身、イタリアのスーツブランドで勤めていたこともあって、それまで 国産スーツにはほとんど袖を通したことがありませんでしたが、今は『 INHALE EXHALE 』のテーラーメイドで出かけることがほとんどです。

西洋文化を奔走されて、センス良く選び抜かれた生地から、京職人が『和のテイスト』でスーツを味わわせてくれる、そういったイメージの満足感が着ていてあります。

写真は、去年のクリスマス、仕上がったスーツが到着した際についてたお店からのクリスマスメッセージです。こういったちょっとしたお気づかいをいただくと、とても嬉しいですね。

サイトリニューアル、おめでとうございます。「仲間ブログ」のトップバッターと言うことで光栄です。

INHALE EXHALE 』では、春・秋2着ずつくらいのペースでスーツを作らせて頂いていて、いつも気に入って着させて頂いています。

最 初に出会った時は、「京都のスーツ?」と、なんだか不思議な感じがしていました。自分自身、イタリアのスーツブランドで勤めていたこともあって、それまで 国産スーツにはほとんど袖を通したことがありませんでしたが、今は『 INHALE EXHALE 』のテーラーメイドで出かけることがほとんどです。

西洋文化を奔走されて、センス良く選び抜かれた生地から、京職人が『和のテイスト』でスーツを味わわせてくれる、そういったイメージの満足感が着ていてあります。

写真は、去年のクリスマス、仕上がったスーツが到着した際についてたお店からのクリスマスメッセージです。こういったちょっとしたお気づかいをいただくと、とても嬉しいですね。

宮松宮松利博
webプロデュース事務所 MIYAMATSU.NET 代表 2000年から2006年まで日本最大級ネット市場、連続1位獲得などwebサイト運用を幅広く手がける。

この記事を書いた人
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
一般社団法人 日本イーコマース学会 専務理事 。株式会社 ISSUN 代表取締役 。元ライザップ取締役。小さな学校前のパン屋さんから独自に開発した商品で楽天12部門で全1位受賞後、3年で年商20億円企業に成長し上場(現ライザップ)。保有株を売却し「小よく”巨”を制す」を掲げ、株式会社ISSUN(イッスン)を設立。WEBコンサルタントで業界No.1クライアント多数。社名ISSUN(イッスン)の由来は、体尺寸の「一寸」の2つの意味から。1つはデジタルを駆使しつつも、ヒトの温もりや感覚を大切にすること。1つは、小さな組織で大きな夢を創り上げる「ワンインチ・パンチ(一寸拳)」から。※代表取締役は武道家
Scroll to Top