ついにdocomoからも、iPhone?来春にも解禁に高まる期待感。 | 株式会社ISSUN(イッスン)

ついにdocomoからも、iPhone?来春にも解禁に高まる期待感。

目次

こんにちは、宮松です。

以前の投稿で
iPhone4購入、 今回ばかりは秋までdocomoを待つのが吉?

と書いていたところ、Bloomberg が

米Verizon Wirelessが来年、米AppleのiPhoneを販売開始し、米AT&TのiPhone独占販売が終わるとBloombergが6月29日 に報じた。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/30/news049.html

と報道したとの情報がありました。

Verizonといえば、日本のdocomoクラス。シェア、回線品質、ハイスピード回線の充実など、
通常の満足度もさることながら、iPhone4の目玉機能、FaceTimeを実現させるに十分なキャリアだと思います。

が、Verizonからすると、今回うっかり情報が漏れてしまったことで、jobs氏から約束の反故を被ってもおかしくない状況です。

しかし一方、過去最高の売上げと言われているiPhone4ですが、単に3Gからの乗り換えユーザが7割を占めているとのこと。新規の勢いはやや低調気味。ここに「1キャリア独占」の、どうしても超えられない壁があります。やはり、国内で50%以上と圧倒的なシェアを誇るdocomoユーザは、躊躇しているのでしょうね。周囲にもそのような方はたくさんいらっしゃります。

現在、米国ではAT&T、日本では、SoftBankMobileが、appleとの契約を独占していますが、上記情報ソースも、初期iPhoneアプリからおなじみの、Bloombergと、信憑性は比較的高い。単なるrumorではなさそうなだけに、いよいよ国内でのiPhone from Docomo が現実味を帯びてきたと思います。

docomoさんは昨年、「ipadはdocomoでも使えます!」をフライングしたので、jobs氏の激怒を買って、iPad from docomo が実現しなかっただけに、今回は慎重に進めているのでしょうね。

パターン的には、秋に発表くらいになるのでしょうか。逆に、個人的には、今までがんばってくれたソフトバンクMobileさんには、サービスや人材、回線の品質をしっかりと引き上げて欲しいな、と思います。

あ、ちなみに、verizonということなので、CDMA 2000つながりで、auにもがんばってほしいです。

関連記事:

iPhone4 購入、今回ばかりは秋までdocomoを待つのが吉?

iPhone4 開封の儀しました。ん、2グラム?

MIYAMATSU.NET 宮松利博 → twitter はこちら。


この記事を書いた人
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
株式会社ISSUN(イッスン) 代表取締役 宮松利博
一般社団法人 日本イーコマース学会 専務理事 。株式会社 ISSUN 代表取締役 。元ライザップ取締役。小さな学校前のパン屋さんから独自に開発した商品で楽天12部門で全1位受賞後、3年で年商20億円企業に成長し上場(現ライザップ)。保有株を売却し「小よく”巨”を制す」を掲げ、株式会社ISSUN(イッスン)を設立。WEBコンサルタントで業界No.1クライアント多数。社名ISSUN(イッスン)の由来は、体尺寸の「一寸」の2つの意味から。1つはデジタルを駆使しつつも、ヒトの温もりや感覚を大切にすること。1つは、小さな組織で大きな夢を創り上げる「ワンインチ・パンチ(一寸拳)」から。※代表取締役は武道家
Scroll to Top