2020年7月27日

7/27 気になった海外ニュース(矢崎)

矢崎です。

先日奥さんの誕生日に指輪をプレゼントしました。

金の値段が値上がりしているとの事で、価値が下がらないよう金の指輪をプレゼントして

「多分まだ値上がりすると思う」と得意げに言ったら

「いや、誕生日に貰ったもの売らないから」と怒られました。確かに。

 

さて、金が値上がりしているという事は、世界的には経済の不安が広がっているとの事で、

海外ニュースもCOVID-19関連の話題が多くなっています。

 

なぜ古着が世界的な健康危機を生き残れるのか

Why used clothing can survive the global health crisis

https://www.retaildive.com/news/why-used-clothing-can-survive-the-global-health-crisis/581502/

昨年の今頃は日本でもメルカリなどのCtoC中古販売市場が盛り上がっていましたね。

海外でも中古市場は盛り上がっていたようですが、このCOVID-19で成長は鈍化しているようです。

特に古着については、清潔さが心理的にハードルになっており(確かに言われてみれば怖い)

Rent the Runway社は、ハーバードヘルスを引用しながら、

洗濯済み衣服を介してCOVID-19が移る可能性が低い事を周知し、

顧客の信頼獲得に努めているそうです。

衣服に限らず、リセール品を扱う業者は安全面のを顧客に周知する事で信頼を得られそうです。

また、新品と古着の清潔さについて

「基本的に、新しい服は見た目よりも汚れている可能性があり、デパートで新しいアイテムを購入した場合、何度も試された可能性があり、購入されて返品された可能性もあります。」

クリス・ベントリー SSA&Companyの消費者および小売担当副社長

と見も蓋もない事が言われているのが面白ポイントでした。

ウィルスへの不安が加速すると

「無菌室でフルオート生産、ウィルス完全シャットアウトパンツ」みたいなものが生まれる日も近いかもしれませんね。

 

ビジュアル検索スタートアップShnapがモバイル、Chromeで起動

Visual search startup Shnap launches on mobile, Chrome

https://www.retaildive.com/news/visual-search-startup-shnap-launches-on-mobile-chrome/582027/

写真で撮った商品を検索し、通販や類似商品の検索が出来るスタートアップのサービス。

これが出来ると、店頭で写真を撮って、似たような商品をネットで安く買うという動線がさらに加速しそう。

「店頭で見て購入する」体験の価値ポイントをどこに置くかがどんどん難しくなりそうですね。

店頭の小売りは商品販売よりも、ショールーム的な側面が強まり、

接客などの体験による価値を強めていかないと厳しくなりそうです。

 

マーケターの業務としては、検索手段が文字から画像になると

「画像検索で類似に出やすくする」的なSEOの亜種も出てくるのでしょうか。

 

記事の最後にさらっと取り上げられていますが、

日本ではまだ浸透しきってないPinterestでも商品のPIN付けをしてEC連携が可能となっています。

個人的にPinterestは画像系SNSで一番好きなので、盛り上がって欲しいところです。

ページTOPへ