2013年5月6日

Facebook広告を始めたいのに、どうしても通貨が「USD」になって日本円が使えない。

『Facebook広告を始めたいのに、どうしても通貨が「USD」になって日本円が使えない。』 2013/05/16追記: はじめて広告を作成する場合は、 アカウントの通貨:JPY ...

『Facebook広告を始めたいのに、どうしても通貨が「USD」になって日本円が使えない。』

2013/05/16追記:

はじめて広告を作成する場合は、

アカウントの通貨:JPY
アカウントの国:Japan

にすれば、JPYで設定が可能となったようです。
すでに、USD(ドル)で設定してしまわれた場合は、次の方法でJPY(円)で運用が可能となりました。

http://www.issun.com/wp/blog/facebook_ad_usd_jpy/

Facebook広告を始めたいのに、どうしても通貨が「USD」になってしまう。

というお声を聞くようになり、いままではうっかり通貨をUSD(ドル)にしてしまった場合の回避方法として、「ビジネスアカウント」をおすすめして上手く回避できていたのですが、ビジネスアカウント作成時や、比較的新しいユーザが正しく広告を作成しようとしている際に、USD(ドル)しか選択できないケースがでてきました。

調べて行くうちに、この症状は設定や手順の誤りでは無く、どうやらfacebook側の不具合のように思われましたのでその現象と状況をご報告いたします。
2012/05/05現在、技術的な解決方法は無く、比較的古いユーザに新たに広告アカウントを作成してもらい、自分をユーザとして追加してもらう方法以外はなさそうです。
(2012/05/07現在、facebook社に報告したところ、不具合と認定され、現在修復にあたっていただいております。)

具体的な症状について

2013 05 05 23 36 31

※新規広告作成時に、通貨が日本円、国も日本を選択できるが、時間帯がアメリカとなったままで、このまま登録すると、今後通貨はドルになってしまい、日本円に変更できなくなる。
この現象、あるセミナーでのワークショップ中では、上手くゆかれる方と、上手く行かれない方が、両方いらしたので気になっていました。

実際に、GWで時間ができたので、まだ広告アカウントを作成していない複数の古いアカウントに協力してもらい、更には新たなビジネスアカウントを5つほど作成して検証してみたところ、

2013/05/05時点では、ビジネスアカウントは全滅で強制的にUSDとなるようです。
また、比較的最近facebookを始められた方が広告を作成する際にも、このような減少が起こっていると思われます。

新らたに作成したアカウントでは、JPYで作成ができるケースもあるのですが、
これはケータイ電話の番号が必要なので、そうそう誰にでも作成できるわけではないからおすすめできない。まだfacebookをやっていない人を、広告のためだけにアカウント作ってもらうのも面倒です。

一方、国際通貨アカウント という、1アカウントにつき2種類までなら異なる通貨の広告アカウントが存在するようなのですが、その作成方法は未だ謎のままです。

国際通貨アカウント:https://www.facebook.com/help/326276747462201/

とりいそぎ、もう一度、なんとか突破できないか、広告アカウント作成フォームのページの挙動をじっくりと検証してみました。

まず、これが、正しく広告を作成できる場合の画面です。

2013 05 05 19 09 05

続いて、以下が、どうしてもUSDになってしまう画面。アカウントの通貨と、国までは日本が選択できますが、そのあとがAmericaしか出てこない。これは、他の通貨を選択しても同様です。

2013 05 05 23 36 31

 

つまり、日本を選んでいても、「アカウントの時間帯」で、Asia/Tokyo が選択できない。

なにか打開策はないかと取り組んでみたが・・・

ちなみに、Asia/Tokyoのvalue値は

<option value=”77″>Asia/Tokyo</option>

であることは分かっている。ならば強引に入力しようということで、
こういう時に便利な、WEB DEVELOPER を起動して以下のように、Asia/Tokyoのvalue値を入れてみる。

2013 05 06 00 13 27

これで、アカウントの時間帯は、実質、Asia/Tokyoを選択したようにformをだまして進むことができる。

問題はこのあと、次の画面に進んでどうなるか、期待に胸を膨らませて「広告プレビュー」を押してみます・・・
2013-05-06_00-14-23

・・・だめです。$10.00 のまま。気を取り直して、「広告の再編集」をクリックして元の画面に戻ってみたところ

2013 05 06 00 08 20

どうやら、ここのUSDが変わらないのは、非常に怪しい。

ブラウザを変えても、言語を変えても、facebook広告の対象国を変えても、facebookページの地域を変えても、変化は見られず。

ここのHTMLソースは、USDでもJPYでも

<div>

<input class=”bt-view bt-input bt-numeric-text-input inputtext btAdsUiAdBudgetInput bt-hidden” data-ref=”lifetimeBudgetInput” style=”display: none;” kl_vkbd_parsed=”true”>
<input class=”bt-view bt-input bt-numeric-text-input inputtext btAdsUiAdBudgetInput” style=”” kl_vkbd_parsed=”true”>
<span style=”margin: 0px 5px;”>USD(or JPY)</span>

となっているので、おそらくphpかjavascriptがはき出していると思われます。いったん夜も深まってきましたので明日検証をします。(2013/05/05)

(2013/05/06追記)
朝起きて、jsがらみっぽいな、と思ったので、google chromeの検証ツールを使ったところ、

2013-05-06_16-12-38

となりました。

つまり、地域を選択した際に「通貨」でエラー、通貨を選択した際に「タイムゾーン」でエラー、
結果的に処理を完了できず、通貨の変更が反映されない、という現象のようです。

Uncaught TypeError: Object #<Object> has no method ‘setCurrency’
Uncaught TypeError: Object #<Object> has no method ‘setTimezoneId’

この現象は、JPYになっているUSアカウントでも試してみましたが同様でした。
抜本的な問題かと思われますので、facebook社に報告をして、解決を依頼しています。(2013/05/06)

facebookの広告ご担当者から、早々に対応着手のご連絡をいただきました。
逐次、進捗をお知らせ頂けるとのことです。(2013/05/07)

ページTOPへ