2013年3月31日

成田典子 さんのフリーペーパーから。「”使い込まれたものたち”は、美しい。」

少し前に、テキスタイルツリーの成田典子さんから、シニア向けのフリーペーパー「つなぐ通信」の創刊号をお送りいただきました。 気になりながらなかなか目を通す時間がなかったのですが、今日...

少し前に、テキスタイルツリーの成田典子さんから、シニア向けのフリーペーパー「つなぐ通信」の創刊号をお送りいただきました。

気になりながらなかなか目を通す時間がなかったのですが、今日ようやく仕事の合間に拝読させていただくことができました。

写真 2013-03-31 18 53 05

ただ、地域のフリーペーパーといえば、
「安いよ安いよ〜」とか「クーポンゲット!」などの
「すぐに刈り取るよ!」的なスタイルの一方通行型が多い印象ですが

このフリーペーパーの表紙からは、そこはかとなく「ぬくもり」を感じて
「ん?ちょっと様相がちがうな・・・」という印象でした。

弊社でもご要望が急に多くなったfacebookページの運用セミナーなどでも
「なにを投稿すればよいか」というテーマは最大の課題で、
その際に「事業の裏側」「サービスの向こう側」という社内取材のお話をしているのですが
この「つなぐ通信」は、そうした意味で、非常に多くのヒントが隠されています。

特に、特集記事の「”使い込まれたものたち”は、美しい。」では、
飴色の革製品や、洗うほどに色白になってゆくキッチンクロス、
ひびや欠けた器が、金で繕われ新しく生まれ変わってゆくストーリーなどが大変うまく表現なされています。

いわば、従来のフリーペーパーの直接的な広告スタンスではなく、
読者との関係性を「つなぐ」という、弊社記事やセミナーでも常に提案をしている、facebookでの企業のあり方の非常によいお手本であるな、と感じました。

シニア向け、という落ち着きというか、ガッツキ感の無さ、というものもあると思うのですが、
長らくファッション業界で販促やマーケティングで実績を積み重ねてこられた
編集長の成田さんの研ぎ澄まされたセンスを感じます。

配布地域は、三多摩地区を中心に、杉並区・練馬区・世田谷区・神奈川県北西部との
ことで、遠方の方でも、webではバックナンバーが閲覧できるようなのですが、
1部あたり250円相当(年間1000円)で定期配信もしてくださるとのことです。

毎日のfacebookの投稿に頭を悩ませていらっしゃる方にも
多くのヒントを発見できる質の高い記事が多く掲載されていました。
ぜひお手に取られてご覧になってみることをお薦めいたします。

facebookページ https://www.facebook.com/tsunagutsushin
web http://tsunagu-t.com/pc/

2013-03-31_1945

ページTOPへ